この度は、弊社の暖簾分け制度の事業に興味を持ってくださり、誠に有難うございます。

弊社の事業は、おいも屋さん 「ココット」として、地域の中の小さなキッチンカーからスタートしました。

はじめはビジネスとして戦略的にはじめたものではなく、代表個人がただただ「焼き芋が好き」という気持ちからスタートした事業です。
しかしながら、事業として進めていく中でこの「おいも」には多くの要素から、今後も大きな可能性を感じています。

以下に提案したい事業内容と合わせて、ご説明させていただきます。

焼き芋専門 oimo&coco. [おいもここ]の2プラン
暖簾分け・フランチャイズ ・間借りFCの事業案内

焼き芋の人気と市場規模

 競争の激しい飲食業界で、タピオカ、高級食パン、バナナジュース等々
急成長のブームが来るものには、大きな衰退もつきものです。

そして焼き芋も現在、第4次ブームともいわれております。

さつまいもが日本に伝わってきた江戸時代。「栗より甘い十三里」として『第1次ブーム』
明治時代から関東大震災にかけてのは、食料危機を支えるものとして『第2次ブーム』
戦後の高度成長期とともに、リヤカーや軽トラの石焼き芋屋が登場した『第3次ブーム』

そして、現在はねっとり系のスイーツのような甘いさつまいもの品種の登場や、
健康志向の高まりからも、年齢や性別を問わずさらに注目は高まり、『第4次ブーム』といわれています。

季節問わずメディアにも多く取り上げられ、大手企業や、コンビニ業界の参入など、
単なる「冬の風物詩」といった存在を超え、市場規模の大きな業界へと変化してきています。

そして、この焼き芋の人気はタピオカのようなブームとは異なり、一過性のものではないと考えます。

昔から老若男女問わず、愛されるものであることは皆さんも想像しやすいかと思います。

スイーツという位置づけでも、米やパンのような主食の代替にもなる食という位置づけとも捉えられ、
日常に溶け込みやすいさつまいも・焼き芋は、今後も事業として長期的な成長が見込めます。


ココットとoimo&coco.

弊社では、「ココット」というお店としてスタートしました。
キッチンカーとECサイトという形態で事業を運営していきております。

参考:ココットHP《 https://cocot.shop
ココット オンラインストア《 https://store.cocot.shop

お店のコンセプトや想いからも、
ココットにとって「お芋」はひとつのツールであり、
お店に立つ「スタッフ・ひと」の要素が強く、
拡大せせていくことを前提をした展開、お店づくりをあえてしない世界観で運営しております。

しかし、前章で記載の通り、業界としての可能性も大きく感じており、
個人のお店としてでなく、暖簾分け・間借りという形をとることで、
オーナー様方のリスクを限りなくゼロの状態で、協力してくださる各店舗の売上・利益を上げ、
全国のオーナー様と力を合わせることでより大きな規模で、さつまいもの素材としての魅力を広げていきたいと考えております。

ココットの実績

ココットではコロナ禍でまん延防止措置がでているなかでも、スタッフ2名で単月での最高売上は250万。
今後のコロナの落ち着きにより、更に大きな売上の予測されます。

渋谷MODIでのポップアップ出店 / 横浜赤レンガ倉庫の長期イベント出店 /
JRA(日本中央競馬会・21年秋ver.)のCM素材に起用 / めざましテレビの焼き芋特集取材 等の実績もあります。

また、弊社では特定の農家さんと直で、大きな仕入れ量と継続的な取引を確保することで、
同業他社よりも高い品質を維持しながらも、高い利益率を出せることも強みのひとつとしてあります。

そんな中で、あえてこれまで運営しているココットで広げていかずに、
oimo&coco.で事業としての広がりをさせていくことには、長期的な戦略として、大きな意味合いを持ちます。

以下、更新中

oimo&coco.の2つのプラン

プランA:間借り販売

  弊社の品質と焼き方にこだわった独自製法の焼き芋を冷凍で仕入れる形となります。既に焼き上がっているため、製造の手間やコストがなく、
冷凍のため廃棄のリスクもありません。簡単なオペレーションでメインの事業+αの売上・利益の向上が可能です。
メイン事業の空いたリソースを有効活用できるため、初期投資も大きく抑えてはじめられます。

特徴①:空いたリソースの有効活用

  時間/人手/設備。 大きくこの3つを有効活用していけることがoimo&coco.のプランAの特徴です。
事例としては、飲食店でランチタイム需要は高いものの、15時前後の売上がなかなか上がらない。
お店は営業しているため、人件費がかかるばかりで、時間とスペース/設備はフルに使い切れていないという場合、
メイン+oimo&coco.で空いたリソースを有効活用して、売上・利益を上げることができます。

特徴②:新たな客層へのリーチと買い回り効果

  メインで提供している料理やサービスでの既存のお客さまの層でだけでなく、「焼き芋」を入り口に新たなお客さまへのリーチが可能となります。
性別・年代・客単価等、詳しくは資料請求・面接時にもにてお問い合わせください。
新たな客層へのリーチにより、新規顧客の獲得や、買い回りによる相乗効果も期待できます。

特徴③:初期投資額の少なさ。スモールスタート/赤字リスクなし

空いたリソースの有効活用がプランAのもっとも大きな特徴です。よって初期投資が新規事業と立ち上げる場合と比べ、驚くほど低くはじめられます。
事業は、投資に対して必ずしもリターンが返ってくることが約束されない世界ですが、「スモールスタート」できることで、oimo&coco.の導入による赤字のリスクは限りなくゼロに近いです。
事業の規模に柔軟に対応していくため、仕入れの最小ロット数を小さく設定しています。在庫を大きく抱える必要はありません。
プランAでは、大半の飲食店で既に整っているものを有効活用でき、追加の看板や梱包類の消耗品のみの投資で1〜2万円ではじめられる場合が多いです。
※2022年5月時点の加盟店オーナー様には加盟金や、今後のロイヤリティもなくはじめられます。

特徴④:廃棄ゼロ


廃棄ゼロ


自由なメイン事業の形態

(営業許可不要)


オペレーション・導入敷居の低さ


時間帯に左右されない


夏でも高い売上


素材の品質


再現性の高さ


プランの2本立てによる堅実・着実な経営

プランAは2年間限定。初期投資なく、気軽にはじめられるものに大きなリターンはないしかし、

スモールスタートはビジネスの基本でもあります。プランAからスタートし、

事業との相性や、工夫により、さらなる成功の見込みが立った方にはプランBのご案内をしていきます。

加盟してくださるからには、導入の手順も含め、損のない形で進められるようサポート致します。


SNS・WEB戦略


メニュー展開

焼き芋


冷やし芋


焼き芋ジェラート


焼き芋フラッペ


初期投資額

プランA


プランB


導入までの流れ

お問い合わせ

面談

契約締結

マニュアル配布・研修

販売開始

フォローアップ

失敗もしてきたらこそ、遠回りをしたからこそ伝えられることもたくさんあります


お問い合わせ・会社概要


oimo&coco. おいもここ 暖簾分け制度(HP用).001
oimo&coco. おいもここ 暖簾分け制度(HP用).002
oimo&coco. おいもここ 暖簾分け制度(HP用).003
oimo&coco. おいもここ 暖簾分け制度(HP用).004
oimo&coco. おいもここ 暖簾分け制度(HP用).005
oimo&coco. おいもここ 暖簾分け制度(HP用).006
oimo&coco. おいもここ 暖簾分け制度(HP用).007
oimo&coco. おいもここ 暖簾分け制度(HP用).008
oimo&coco. おいもここ 暖簾分け制度(HP用).009
oimo&coco. おいもここ 暖簾分け制度(HP用).010
oimo&coco. おいもここ 暖簾分け制度(HP用).011
oimo&coco. おいもここ 暖簾分け制度(HP用).012
oimo&coco. おいもここ 暖簾分け制度(HP用).013
oimo&coco. おいもここ 暖簾分け制度(HP用).014
oimo&coco. おいもここ 暖簾分け制度(HP用).015
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow

暖簾分け制度A・Bのご案内 /  フランチャイズ / 間借りビジネスを検討の方